犬のご飯の量や時間と適切な回数はある?あげ忘れがあっても大丈夫なの?


 

初めて犬を飼う方はご飯の量やあげる時間などタイミングが分からず、またあげすぎているのか?少ないのか心配になる事などありませんか。

 

万が一、仕事が長引いていつもの時間に上げ忘れてしまっても大丈夫なのか。

 

子犬の大きさや成長など、個々によって違いがあるので、わかりやすくご紹介していきますのでお役立ていただければと思います。

 

スポンサーリンク

 

犬のご飯の適切な量は?

 

愛犬に上げるご飯の量、どのくらいが適量なのか悩むかもしれません。

 

フードのパッケージの裏面に参考量が体重と年齢別に表記されていますので、確認してあげると良いですが、メーカーにより量の違いがあるので注意しましょう。

 

犬の体重÷40=1日に必要な食事量が分かります。

 

例えば平均25㎏の愛犬には25÷40=0.625となり625gで、体重が2㎏の愛犬では2÷40=0.5となり50gが必要な食事量と計算は出来ます。

 

カロリー計算では体重1㎏あたり50Kcalから150Kcalとされています。

 

体重25㎏の犬では1250~3750Kcalで体重2㎏の犬では100~300Kcalが1日に必要なカロリー量になります。

 

あくまでも参考量やカロリーであって、自宅の環境や愛犬の生活行動によっても変わってきます。

 

例えば留守がちで、いつもケイジで寝ている場合と、常に遊び相手がいて一日動き回る子では消費量が異なり、通常の量では足りない事もあるので、標準量を参考にしながら、愛犬が食べきれて、うんちが緩くならない様に観察しながら調整する事も大切ですね。

 

わが家の愛犬もグレートピレニーズ40㎏の男の子と女の子がいますが、食べる量が異なります。

 

器にたくさん入れると男の子は残してしまい、女の子は足りない様子で器を最後までなめています。

 

同じ環境下にいても食べる量が違うので、よく見ながら適量見つけていく事が重要になります。

 

スポンサーリンク

 

犬のご飯の適切な時間や回数は?

 

ご飯の1回の量が決まっても、あげる時間や回数についても考えなければいけません。

 

ご家族の都合で1日朝晩しかあげられない場合や、自宅にいるので3回はあげる時間がとれるなど状況が変わってくると思います。

 

飼い主さんの都合に愛犬が合わせられるように調整していく必要があります。

 

子犬の場合には、まだ1回で食べきれない、消化できないなどあるので、1日の回数を分ける必要がありますが、成犬になるとしっかり体も出来ているので、1日2回でも充分です。

 

無添加おやつ バラエティーセット お徳用 犬 ジャーキー クッキー ヤギミルク ガム 詰め合わせ 誕生日プレゼントに 訓練のご褒美にもおすすめ犬のおやつ ドッグフード【犬用ギフト 犬のガム ペットフード いぬ】【a0331】


1日1回の場合もありますが、やはり運動量によって激しい場合には1回では体がもたないでしょうし、お腹が空いている事で慌てて食べると胃捻転が起きやすくなるので注意が必要です。

 

愛犬の体調や状況判断しながら回数は考えてみてくださいね。

 

時間は飼い主さんの都合であげて構いませんが、決まった時間になると愛犬が吠えて、催促する様になる事もあるので、我が家は時間を少しずらしてあげたりしています。

 

また冬場になると、食欲が旺盛になり運動が活発になるので、フードの量を増やしていますが、夏場はクーラーをいれていても熱くて1日1回しか食べないなど季節によっても変化があります。

 

スポンサーリンク

 

あげ忘れがあっても大丈夫なの?

 

人間と同様ですが、1日食べられなければ、空腹感があり寂しい思いをしている事には間違いありませんよね。

 

どうしても自宅に戻れずにあげられない事もが起きても、1日くらいは問題ありません。

 

下痢などがある場合には絶食する事もあるので、命の危険などはありませんが、水が飲めないと、自宅の環境により、脱水が起こる事があります。

 

この場合には命に関わる事も出てきますので、家を出る時には水分は気をつけ、必ず用意して出かけましょう。

 

空腹感があると黄色い胃液を吐く事はあるので、嘔吐すると言う行動は愛犬にとって負担が無いわけではありませんので、理解して置いてください。

 

各ご家庭の状況によってもあげる量や回数、時間もそれぞれですので、お互いに快適な生活が送れるようリズムが出来ると愛犬の健康にも繋がりますね。

 

今回も最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!

 

 

犬の餌・ご飯の量はどれくらい?回数は?犬種別のベストなご飯の与え方

 

ABOUTこの記事をかいた人

みなさんこんにちは。カラカラです。 37歳の子持ちリーマンです。自分自身、うつや発達障害などありまして、波乱万丈生きてきました。 昔猫を飼っていたが、病気で亡くしてしまいまして、このサイトでは、ドッグフード、キャットフード、その他ペットの食べ物についての情報を提供していきたいと思っています。