犬が好きな果物は柿・梨・りんご・みかん・スイカなど?食べちゃダメなものは?


 

人間は果物が好き、だから愛犬もきっと好きだと思っている飼い主さんも多いのではないでしょうか?

 

愛犬に安心してあげられる果物を知っておく事は大事で、それぞれご紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

 

絶対に上げないで欲しい食べ物もあるので、覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

犬が好きな果物は柿・梨・りんご・みかん・スイカなど?

 

まずは[keikou]愛犬にあげても大丈夫な果物[/keikou]についてお話していきます。

 

梨やスイカはほとんどが水分ですので、あげすぎて下痢にならないように注意しましょう。

 

【柿について】

ビタミンCやカリウム、βカロテンが豊富で強い抗酸化作用があり、栄養価の高い果物です。

 

甘みもあり犬も好む果物です。

 

【梨について】

梨は90%が水分で体内のナトリウムの調整や老廃物の排泄に役立つ食べ物で、甘みがあり食感もシャリシャリと犬が好みます。

 

【りんごについて】

ポリフェノールという抗酸化物質を含み、整腸作用がありおすすめです。

 

すりおろしてあげれば、食欲のない時などにも食べやすく消化しやすい食材の一つです。

 

【みかんについて】

犬は食物繊維が消化しにくい体質ですので、ミカンの袋や[keikou]白いスジなどは取り除いてあげましょう。[/keikou]

 

水分やビタミンCが豊富ですので、おすすめです。

 

【スイカについて】

水分が多く甘みがあり、ビタミンB群、ベータカロテンやリコピンも含まれているので、抗酸化作用があり、食欲のない時や夏場の水分補給にも最適な果物ですね。

 

犬にとって食べ物を選ぶ基準は、匂い・食感・味と言う順番であり、特に匂いや甘みがあるものを好みます。

 

果物は魅力的な匂いもあり嗜好にあっているのですね。

 

ただし気を付けたいのは、[keikou]与えすぎると糖尿病の危険や下痢、種など消化不良[/keikou]となってしまいますので注意が必要なのです。

 

また犬はすり潰して食べるという事はしないで、丸のみしてしまうので、食道に詰まらないように細かく切ってあげましょう。

 

果物が詰まって最悪取り除く切開手術をする場合もあります。

 

与えすぎには注意してください。

 

スポンサーリンク

 

食べちゃダメなものは?

 

【玉ネギ】

玉ネギは犬の血液中の赤血球を破壊する成分が含まれています。

 

急性の貧血や血尿など症状が現れる中毒症状を起こし、最悪の場合は死に至ることもあります。

 

厄介な事にこの成分は[keikou]加熱しても成分は破壊されません。[/keikou]

 

ハンバーグ・シューマイ・肉じゃが・すき焼き・みそ汁・コンソメスープなど様々な料理が対象となってきます。

 

犬の体重1キロあたり玉ネギ15~20gを与えると貧血を起こすと言われているほどです。

 

【チョコレート】

ご存知の飼い主さんも多いかもしれませんが、チョコレートの中に含まれるカカオ中の成分「テオブロミン」と呼ばれる犬に有害な物質が含まれています。

 

精状態の不安や痙攣・呼吸困難に陥り大変危険です。

 

体重1キロあたり50~100mgで中毒症状がおこり、250~500mgと5倍以上増えると50%の確立で死に至ると言われています。

 

ちなみに板チョコ1枚60gですがカカオの量で決まります。

 

怖いのはテーブルの上に置いてあるものを食べたケースが多いですので、飼い主さんの注意一つで愛犬を危険な状態にしてしまう事もあり得ますので、管理はしっかりしましょうね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

犬が好きな果物は、シャリシャリした甘い水分豊富なものかもしれません。

 

わが家の愛犬はバナナを食べる子もいれば、食感が嫌なのか全く食べない子もいますので、やはり好みが分かれるのですね。

 

[keikou]あげすぎに注意し、管理してあげる事が大切です。[/keikou]

 

また中毒症状を引き起こす食べ物は必ず覚えておき、愛犬に食べさせないようにしましょう。

 

 

参考サイト

犬が果物を好きな理由 犬の食べ物にNG果物とお勧め果物

犬だって果物を食べたい!犬が好きな果物と与えてはいけない果物。

https://www.e-nioi.jp/event/mamechisiki/kiken1.html

ABOUTこの記事をかいた人

みなさんこんにちは。カラカラです。 37歳の子持ちリーマンです。自分自身、うつや発達障害などありまして、波乱万丈生きてきました。 昔猫を飼っていたが、病気で亡くしてしまいまして、このサイトでは、ドッグフード、キャットフード、その他ペットの食べ物についての情報を提供していきたいと思っています。